2017年04月07日

「年の差婚」の希望と現実-未婚化・少子化社会データ検証-データが示す「年の差」希望の叶い方

基礎研REPORT(冊子版) 2017年4月号

生活研究部 人口動態シニアリサーチャー   天野 馨南子

ライフデザイン 子ども・子育て支援 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

1―はじめに

昨今、年の差婚についてはメディア等で様々に取り上げられているところである。そこで本稿では、国の大規模データ分析により、日本における未婚者の「年の差婚希望」ならびにその希望の「叶い方」を俯瞰する。少々驚きの結果となったので、ご紹介したい。

2―未婚男女の年齢差ターゲットは?

2015年に行われた国の調査データでは、5人に1人以上(23%)の未婚男性が5歳以上年下女性との結婚を希望している[図表1]。ただし、同年齢から2歳年下までのほぼ同年齢婚希望の未婚男性が最も多く、約6割に達する。年上女性希望が最も少ない(6.7%)。
未婚男女の希望する「結婚相手との年齢差」ランキング
次に、男性の年の差婚希望はさておき、女性も同様のライフデザインをしていなければ叶う可能性は限りなく低くなる。女性側の希望を見てみたい。図表1では約6割の女性が同年齢から2歳年上までを希望している。男女とも約6割が同年齢ゾーン希望であり、希望割合がマッチングしているといえる。

ただ、女性の約8割が同年齢から4歳上までの近い年齢の年上男性を希望している一方で、同年齢から4歳年下までの女性を希望している男性は約7割にとどまり、5歳以上年下女性を希望する男性割合がそれにあう希望をもつ女性の割合よりも高くなっている。つまり、男性が若い女性を希望することによる女性との希望ミスマッチがみてとれる。

データからは男性が4歳年下女性までとの結婚を希望するならば約8割の女性の希望と合致しマッチング可能性が非常に高くなる(女性の場合は6歳上までの男性希望すればマッチング可能性が非常に高くなる)と指摘できる。

3―成婚カップルの年齢差の現実は?

希望はさておき「実際出会ってみなければわからない」という議論は当然ありうる。年齢差だけで決められるほど現実の結婚は安易なものではないはずである。そこで、2015年に成婚したばかりの初婚カップルの実際の年齢差のデータを見ることにしてみよう。
2015年に婚姻届を提出した初婚夫婦の年齢差状況(%)
図表2から、以下の結果が判明した。

○男性が年上パターンで、1歳上から4歳上までの結婚は57%。希望と現実との乖離が割合的にはほぼ見られない。
○男性が7歳以上年上婚は11%で男性の希望をやや上回る。
○男女とも1割を切る少数派希望の年上妻婚が現実では24%に達しており、希望と現実との間に顕著な乖離が生じた。 

2015年における年上妻の「姉さん妻婚」は実に女性の希望の約6倍、男性の希望の約4倍にものぼり、希望から照らしてみるとあまりにも意外な「年の差婚」の実態が現れた。

4―4組に1組が「姉さん妻」時代

最後に初婚夫婦の年の差の長期推移を示してみたい[図表3]。45年間で夫が年上の伝統的パターンは約8割から約6割へと大きく減少。一方、年上妻婚が増加した。2015年では約4組に1組が姉さん妻婚となっている。
婚姻届を提出した初婚夫婦の年齢差45年間の推移
現実は「出会ってみなければわからない」は極めて正しい議論であることを示している。ただ、近年では、希望との乖離の方向性が「年上女性・年下男性がよい」という姉さん妻婚傾向となるようである。1歳年上の「金のわらじ婚」パターンが最も多く、全体の約1割を占める。次に多いパターンは妻が4歳以上年上である。ドラマ「逃げ恥」の百合と涼太カップルではないが、想像よりも年の差のある姉さん妻婚が成立している様子がうかがえる。

データが示す現実は、年上夫という伝統的結婚の急激な減少と姉さん妻婚の増加という、一般のやや想像を超えると思われるトレンドとなった。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   人口動態シニアリサーチャー

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
人口動態に関する諸問題-(特に)少子化対策・東京一極集中・女性活躍推進

(2017年04月07日「基礎研マンスリー」)

アクセスランキング

レポート紹介

【「年の差婚」の希望と現実-未婚化・少子化社会データ検証-データが示す「年の差」希望の叶い方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「年の差婚」の希望と現実-未婚化・少子化社会データ検証-データが示す「年の差」希望の叶い方のレポート Topへ