2008年06月25日

人生85年時代に向けたリ・デザイン

生活研究部 上席研究員・ジェロントロジー推進室兼任 前田 展弘

文字サイズ

人生85年時代を迎えた現在、これまでの「暮らし方」「働き方」「人生設計のあり方」は時宜に合わなくなっている。
この課題に対する一つの解の方向性を示した「人生85年時代に向けたリ・デザイン(『人生85年ビジョン懇談会』報告書、厚生労働省)」をレポートしながら、ビジョンが描く近未来に向けて民間企業他が取るべき対応を考察した。

Xでシェアする Facebookでシェアする

生活研究部   上席研究員・ジェロントロジー推進室兼任

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【人生85年時代に向けたリ・デザイン】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人生85年時代に向けたリ・デザインのレポート Topへ