2018年05月02日

欧州大手保険グループの地域別の事業展開状況-2017年決算数値等に基づく現状分析-

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長   中村 亮一

生命保険事業概況 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

欧州大手保険グループの2017年決算数値が、2018年2月から4月にかけて、投資家向けのプレゼンテーション資料やAnnual Reportの形で公表されている。今回のレポートでは、2017年決算に関わる各社の決算数値等に基づいて、欧州大手保険グループの生命保険事業を中心とした地域別の事業展開の状況について報告する。

欧州大手保険グループを巡る経営環境は、世界的な金融緩和の長期化に伴う低金利環境の継続に加えて、2016年1月にスタートしたソルベンシーIIをはじめとした各種の規制の強化への対応、2021年1月以後に開始する事業年度から適用が想定されている新たな保険契約会計基準への対応等、困難な課題を抱えている状況にある。ただし、各社ともこうした環境下で、基本的には積極的な海外事業展開等を進め、収益基盤の拡大を図ってきている。

昨年及び一昨年の基礎研レポートでは、各社の2015年及び2016年の生命保険事業について、地域別の業績や投資関係損益を巡る状況等に焦点を当てて報告した。

これまでの基礎研レポートでも述べたが、以下の報告においては、例えば、分析用に開示されている保険料や営業利益のベースや地域別の区分の考え方が、各社によって異なっており、各社の公表データのベースも必ずしも統一されていない。さらに、2017年については、2016年までとは異なり、セグメント情報の提供において、必ずしも生命保険事業と損害保険事業を区分していない会社もあったり、さらには各種の規制の動向等も踏まえて、これまでとは異なる経営指標や評価基準に基づく開示内容に変更している会社もあり、これまでの2年間と同様な考え方に基づいて、2年間を超えての中期的な比較分析が行えなかった。

以上のような理由から、今回の分析については、各種制約下で、各社間比較等も必ずしも十分なものとはなっていないが、筆者の判断で各種前提を置いて、一定比較可能な数値を作成して分析を行っている。

■目次

1―はじめに
2―欧州大手保険グループの各社間比較-全体の業績と地域別業績について-
  1|会社全体の業績
  2|生命保険事業の地域別業績
3―欧州大手保険グループ各社の地域別の事業展開状況
  1|AXA
  2|Allianz
  3|Generali
  4|Prudential
  5|Aviva
  6|Aegon
  7|Zurich
4―まとめ
  1|市場の選別化による撤退の動き
  2|地域毎の展開スタンスや展開状況の違い
  3|日本の生命保険会社への示唆
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

レポート

アクセスランキング

【欧州大手保険グループの地域別の事業展開状況-2017年決算数値等に基づく現状分析-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州大手保険グループの地域別の事業展開状況-2017年決算数値等に基づく現状分析-のレポート Topへ