2018年04月24日

医療・介護分野における制度改革の進捗(2017年度下期)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

医療保険制度 社会保障全般・財源 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

団塊世代全員が75歳以上の後期高齢者となる2025年に向けて医療・介護分野における改革が進められている。

2018年は、診療報酬・介護報酬の同時改定1、第7次医療計画、第7期介護保険事業(支援)計画、第3期医療費適正化計画の策定、国保の財政基盤の都道府県への移行が同時に行われる予定だったため、制度をまたぐ改革が行いやすいことで注目された。

今回の改定等は、2013年に「社会保障制度改革国民会議」で示された医療と介護の提供体制の改革に基づく。本稿では、前稿「医療・介護分野における2018年に向けた制度改革の動向2」に続き、「社会保障制度改革国民会議3」で示された医療・介護分野における2017年度下期に決定した改定を紹介する。
 
1 診療報酬改定は2年おきに、介護報酬改定は3年おきに改定されており、6年に1回同時改定となる。
2 村松容子「医療・介護分野における2018年に向けた制度改革の動向」保険・年金フォーカス、2017年9月26日
3 社会保障制度改革国民会議は、社会保障・税一体改革を契機に創設された。


■目次

1――はじめに
2――2017年度下期から2018年度にかけての動き
  1|診療報酬改定
  2|介護報酬改定
3――今後の予定
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
54_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療

レポート

アクセスランキング

【医療・介護分野における制度改革の進捗(2017年度下期)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

医療・介護分野における制度改革の進捗(2017年度下期)のレポート Topへ