2017年10月31日

アセアンにおける華人・華人企業経営(2)-アセアンにおける華人企業グループの形成・発展-

  平賀 富一

アジア・新興国経済 アジア・新興国 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

「アセアンにおける華人企業グループの形成・発展」をテーマとして、有力華人企業グループの典型例として、マレーシア最大、アセアンでも有数の富豪である華人企業家の代表たるロバート・クオック氏と、同氏が築き、マレーシア・香港・シンガポールに三大地域拠点を置く国際的な大手コングロマリットであるクォック・グループを取り上げ、その特徴点・重要点、競争優位などにつき、経営戦略論における資源ベース論(RBV)の考え方も援用して考察した。

■目次

1――クオック・グループの現況と全体像
2――創業者ロバート・クオック氏の略歴とクオック・グループの形成プロセス
3――華人経営者と華人系企業グループの特徴や意義
4――資源ベース論の観点からのアプローチ
5――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

平賀 富一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【アセアンにおける華人・華人企業経営(2)-アセアンにおける華人企業グループの形成・発展-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アセアンにおける華人・華人企業経営(2)-アセアンにおける華人企業グループの形成・発展-のレポート Topへ