2017年09月12日

アクチュアリー気候指数の開発-異常気象の発生度合いは、指数で表せるか?

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

保険会社経営 保険商品 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

アメリカとカナダのアクチュアリー会は、共同で、アクチュアリー気候指数(ACI)を開発した。

21世紀には、地球温暖化を背景に、グローバルな気候変動が進むものと予測されている。その中で、北米でのこうした取り組みには、各国のアクチュアリーが注目をしている。本稿では、ACIの概要を紹介するとともに、その活用の広がりについても検討することとしたい。

■目次

1――はじめに
2――ACIの枠組み
  1|北米を12の地域に分けて、地域ごとに指数を開発
  2|月ごとと季節ごとの指数がある
  3|指数は、0を異常なしとして、プラスとマイナスの乖離度の大きさで表される
3――ACIの各項目細部の作成方法
  1|高温は、上側10%に入る日の割合から算出
  2|低温は、下側10%に入る日の割合から算出
  3|降水は、5日間の降水量の最大値から算出
  4|乾燥は、乾燥日が連続する日数から算出
  5|強風は、上側10%に入る日の割合から算出
  6|海水面は、参照期間中の同じ月のデータから算出
4――今回公表された指数のこれまでの推移
5――リスク指数の開発
6――ヨーロッパの動向
7――おわりに (私見)
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【アクチュアリー気候指数の開発-異常気象の発生度合いは、指数で表せるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アクチュアリー気候指数の開発-異常気象の発生度合いは、指数で表せるか?のレポート Topへ