2017年07月06日

金融リテラシーは向上しているか-優先すべきは消費者視点に基づくチャネルの位置づけの再考

生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー   井上 智紀

消費者行動 マーケティング などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1――はじめに
2――消費者の金融リテラシーと近年の変化
  1 |金融リテラシーの測定い
  2 |金融リテラシーの変化
3――金融リテラシーと情報源
  1 |金融商品の情報収集に利用している情報源
  2 |直近の金融商品の購入・申込時の参考情報源
4――金融リテラシー向上に向けて

※本稿は2016年4月14日「基礎研レポート」を加筆・修正したものである。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
40_ext_01_0.jpg

生活研究部   シニアマーケティングリサーチャー

井上 智紀 (いのうえ ともき)

研究・専門分野
消費者行動、金融マーケティング、ダイレクトマーケティング、少子高齢社会、社会保障

レポート

アクセスランキング

【金融リテラシーは向上しているか-優先すべきは消費者視点に基づくチャネルの位置づけの再考】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融リテラシーは向上しているか-優先すべきは消費者視点に基づくチャネルの位置づけの再考のレポート Topへ