2017年04月18日

中国、年金積立金の株式運用が本格始動【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(25)

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

アジア・新興国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 中国において、年金積立金による株式運用など、リスク資産への投資が本格始動する。
     
  • 主な目的は、少子高齢化が進む中で、年金積立金を市場で運用し、その収益を活用することで、将来世代の負担が大きくならないようにすることにある。また、もう一方で、機関投資家としてのプレゼンスを向上させ、将来的には市場における機関化の一端を担うことも期待されている。
     
  • 2015年8月、国務院が年金積立金によるリスク資産への投資解禁の意向を発表し、2016年に、運営機関となる「全国社会保障基金」(全国社保基金)の理事会が、運用を受託する21の金融機関、資産管理を受託する4銀行を発表した。
     
  • 全国社保基金は、この間、年金積立金を管理する各地方政府から運用資金を募った。当局である中国人力資源・社会保障部によると、2016年末時点で、7つの省などと合計3,600億元(約6兆円)の運用委託契約を結んでおり、本格始動への準備が整った。

■目次

1-全国社会保障基金が新たに21の運用受託機関・4銀行を選出
2-運用委託された3,600億元のゆくえ-株式市場への影響は小さい?
3-年金財政が厳しい地域ほど高まる運用収益率への期待
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国、年金積立金の株式運用が本格始動【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(25)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国、年金積立金の株式運用が本格始動【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(25)のレポート Topへ