2016年10月31日

インドの生命保険会社の状況-2015年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-

保険研究部 取締役   中村 亮一

文字サイズ

■要旨

インドの生命保険市場全体の状況については、2015年12月から2016年1月にかけての基礎研レターにおいて、市場全体の一般的な状況、保険監督規制を巡る状況について、特に財務関係を中心に、その動向を報告した。併せて、インドの主要な生命保険会社の経営効率や収益性・健全性等の状況についても、2014年度決算数値に基づいて、その概要を報告した。

今回のレポートでは、2015年度決算数値を踏まえて、昨今のインドの生命保険会社の成長性・効率性・収益性・健全性等の状況について報告するとともに、外資系保険会社を中心とした最近の動向について触れることとする。

■目次

1―はじめに
2―販売業績の状況-収入保険料
3―経営効率の状況
  1|継続率
  2|事業費効率
  3|運用利回り
4―収益性の状況
  1|会社全体の収益状況
  2|商品種類別の収益状況
5―健全性等の状況
  1|責任準備金の計算基礎
  2|ソルベンシー比率(Solvency Ratio)
  3|剰余の分配(契約者配当)の状況
6―まとめ
  1|外国資本による出資割合の引き上げ
  2|合併・提携の動き
  3|株式公開の動き
27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   取締役

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

レポート

アクセスランキング

【インドの生命保険会社の状況-2015年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インドの生命保険会社の状況-2015年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-のレポート Topへ