2016年10月20日

「家派」女性の虚弱化予防~60代女性の「健康行動の始動・継続」に関する調査研究から

生活研究部 主任研究員   前田 展弘

文字サイズ

■要旨

女性は長生きできる可能性が高いと同時に要介護状態になるリスクも高い。長生きをすれば、いつかは要介護の状態になることは避けられないことではあるが、できるだけ自立した生活期間を延ばしていきたいものである。そのためには要介護状態に至る過程にある「虚弱化(フレイル)」をできるだけ若い段階から予防していくことが必要である。虚弱化を予防するには、身体を鍛える、つまり“運動”すること(運動習慣を身につけること)が必要になるが、運動を続けることは、できる人とできない人とに分かれやすい。とかく女性は“運動は苦手、嫌い”と思われている人が多いように想像する。本稿では、そうした女性に「どうすれば運動を始めてもらえるようになるか、続けてもらえるか」、その解を追究すべく行った「高齢者の健康行動の始動・継続に関する研究」の概要と結果を紹介する。

■目次

1――はじめに~女性のより豊かな長寿の実現のために
2――「高齢者の健康行動の始動・継続に関する研究」の概要
  1|本調査研究の目的と特徴
  2|本調査研究の設計と検証ポイント
3――「高齢者の健康行動の始動・継続に関する研究」の結果
  1|60代女性の「家派」「外派」の出現状況(スクリーニング段階からの知見)
  2|「完全家派」と「完全外派」の人の特徴
  3|運動の始動・継続ドライバの策定と「家派」「外派」の選好度
4――考察~“80歳になってもさっそうと歩ける”自分づくりに向けて(社会の取組視点)
41_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

レポート

アクセスランキング

【「家派」女性の虚弱化予防~60代女性の「健康行動の始動・継続」に関する調査研究から】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「家派」女性の虚弱化予防~60代女性の「健康行動の始動・継続」に関する調査研究からのレポート Topへ