2016年06月07日

先週のレポート・コラムまとめ【5/31~6/6】:東京のマンション、実はそこまで高くない!?~修正年収倍率による東京マンション市場の分析~

53081_ext_03_0.jpg

文字サイズ

新着レポート本数:23本

▼Weeklyエコノミスト・レター
 
原油相場の先行きはどうなる?~金融市場の動き(6月号)
 
-----------------------------------
 
▼研究員の眼
 
もう1つも同じである確率-追加情報は、確率にどう影響するか?
 
VR(バーチャルリアリティ)元年、不動産分野での活用機会にも注目
 
東京のマンション価格が高騰するも、意外にも取得負担が増えていない理由
 ~住宅ローン金利低下による実質的な値引き効果の試算~

 
マイナス金利後に変化したJ-REIT市場の資金フロー
 ~多様な投資家の参入が市場の安定を育む

 
AI(人工知能)とBI(ベーシック・インカム)
 -「仕事を奪われる」のか、「仕事から解放される」のか?

 
-----------------------------------
 
▼基礎研レター
 
若年層の消費実態(1)-収入が増えても、消費は抑える今の若者たち
 
財政健全化と社会資本の老朽化-資産老朽化比率によって問われる真の地方財政健全化
 
-----------------------------------
 
▼基礎研レポート
 
株価の振る舞いに変化?(1)-リスクコントロール手法は合理的であり続けるのか?
 
進化を続けるリバースモーゲージ-(その2) 英国におけるエクイティ・リリースの
 市場展開、フランスにおけるヴィアジェ市場とファンド創設

 
-----------------------------------
 
▼保険・年金フォーカス
 
ドイツの責任準備金評価用最高予定利率を巡る最近の動き
 -財務省が1.25%から0.9%への引き下げを提案-

 
昭和戦前までの外資系生保会社-明治後期からの日本への進出
 
-----------------------------------
 
年金ストラテジー 2016年06月Vol.240
 
適用拡大の周知は大丈夫か?
 
上場企業のROEに危険信号が点灯
 
マイナス金利政策がJリート市場に及ぼす影響
 
戦略的ESGインテグレーションの実践に向けて
 
-----------------------------------
 
▼経済・金融フラッシュ
 
【5月米雇用統計】雇用統計は全般的に悪化、労働市場の回復持続性に疑問符を付ける内容
 
16年6月2日ECB政策理事会:英国の国民投票に備え、今夏のギリシャ危機再燃は回避へ
 
最近の人民元と今後の展開(2016年6月号) ~英EU残留なら元安波乱も
 
【インドGDP】1-3月期は前年同期比7.9%増
 ~民間消費と公共投資主導の力強い成長が継続

 
法人企業統計16年1-3月期~企業収益の悪化が鮮明に
 
鉱工業生産16年4月~熊本地震の影響は限定的
 
家計調査16年4月~個人消費は横ばい圏を脱していないが、
 先行きは雇用所得環境の改善から持ち直しへ

 

このレポートの関連カテゴリ

(2016年06月07日「その他レポート」)

レポート

アクセスランキング

【先週のレポート・コラムまとめ【5/31~6/6】:東京のマンション、実はそこまで高くない!?~修正年収倍率による東京マンション市場の分析~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

先週のレポート・コラムまとめ【5/31~6/6】:東京のマンション、実はそこまで高くない!?~修正年収倍率による東京マンション市場の分析~のレポート Topへ