2016年05月31日

先週のレポート・コラムまとめ【5/24~5/30】:子どもの数と「世帯主の勤務先」-少子化社会データ再考・親の勤務先はどう影響するか-

53009_ext_03_0.jpg

文字サイズ

新着レポート本数:14本

▼Weeklyエコノミスト・レター
 
中国経済見通し~景気は一旦持ち直しも、成長率の鈍化傾向は続く
 
-----------------------------------
 
▼研究員の眼
 
「人口減少=低成長」ではない~日本経済再浮上の第一歩は悲観論の払拭
 
民泊の完全解禁と今後への懸念
 
個人型DCの加入対象拡大-改正法成立。当面の経済環境がDC制度の行方を左右?
 
本当に「労働力」は不足するのか?-AIとロボットによる労働代替化の行方
 
-----------------------------------
 
▼エコノミストの眼
 
普通の家計の貯蓄額は1805万円か997万円か?
 
-----------------------------------
 
▼基礎研レター
 
子育て世帯の住宅取得事情‐昨今の住宅取得事情(その8)
 
-----------------------------------
 
▼基礎研レポート
 
新たな価値を提供する先進的な福祉用具
 -ユーザー目線の開発がもたらす利用者のQOL向上-

 
東京のマンション、実はそこまで高くない!?
 ~修正年収倍率による東京マンション市場の分析~

 
-----------------------------------
 
▼保険・年金フォーカス
 
欧州 保険ストレステスト2016
 -EIOPAがEU全体の保険のストレステストの実施内容を公表-

 
欧州年金基金に対する定量的調査の結果
 -EIOPAによる調査結果と、現時点での意見

 
EUソルベンシーIIの動向
 -各国の保険監督制度の同等性評価を巡る最近の動きはどうなっているのか-

 
-----------------------------------
 
▼不動産投資レポート
 
シドニーのオフィス市場
 ~海外資金による取得は高水準、日本の投資家にとっても魅力的~

 
-----------------------------------
 
▼経済・金融フラッシュ
 
消費者物価(全国16年4月)~食料(生鮮食品を除く)の上昇率鈍化が鮮明に
 

このレポートの関連カテゴリ

(2016年05月31日「その他レポート」)

レポート

アクセスランキング

【先週のレポート・コラムまとめ【5/24~5/30】:子どもの数と「世帯主の勤務先」-少子化社会データ再考・親の勤務先はどう影響するか-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

先週のレポート・コラムまとめ【5/24~5/30】:子どもの数と「世帯主の勤務先」-少子化社会データ再考・親の勤務先はどう影響するか-のレポート Topへ