2015年10月19日

利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析-「粉飾」に起因した企業倒産の予見は可能か?

金融研究部 准主任研究員   福本 勇樹

文字サイズ

■要旨

  • ここ数年「粉飾」に起因した企業倒産が増加傾向にある。「粉飾」等により財務指標が「良く」なるように調整されている場合、通常の財務分析で信用力の悪化を検知するのは難しくなる。
  • 本レポートでは、先行研究における不正会計検出モデルのインプリケーションから、「利益調整」に関する財務指標(Accruals Ratio)に着目した分析方法を提案する。
  • Accruals Ratioを用いた信用リスクモデルを日本の企業倒産事例に適用した結果、業績悪化による企業倒産だけではなく、「粉飾」等に起因した企業倒産についても検知できる可能性があることが分かった。
  • 特に2006年以降の企業倒産において、「粉飾」に限らず「過度の利益調整」によって企業倒産したと思われるケースが増えていることが示唆される。
  • 信用リスク分析で用いられる典型的な財務指標において、信用力の悪化を捕捉するのが難しくなってきているものがあり、当該信用リスクモデルはその補完的な役割が果たせる可能性がある。

   1.はじめに
   2.利益調整に着目した不正会計検出モデル
   3.日本におけるAccruals Ratioの特徴
   4.順序ロジットモデルを用いた倒産確率の推定
   5.Altman Z ScoreモデルとAccruals Ratioの関係
   6.まとめ

このレポートの関連カテゴリ

27925_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

福本 勇樹 (ふくもと ゆうき)

研究・専門分野
リスク管理・価格評価

(2015年10月19日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析-「粉飾」に起因した企業倒産の予見は可能か?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析-「粉飾」に起因した企業倒産の予見は可能か?のレポート Topへ