2015年03月16日

医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか?

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

文字サイズ

■要旨

前稿では、医療・介護を取り巻く環境の変化について紹介した。少子高齢化等や、それに伴う世帯の変化は、医療・介護の両方の面に、大きな影響を及ぼしており、医療・介護サービスを受ける側にも、提供する側にも、大きな変化を迫っていることを述べた。本稿では、「医療・介護の現状と今後の展開」の後編として、医療や介護に関する問題を、ポイントを絞って紹介する。また、諸外国の制度についても概観する。そして、これらの動きが、民間保険へ与える影響についても論じていきたい。

30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

(2015年03月16日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか?のレポート Topへ