2014年12月09日

欧米生保市場定点観測(9)カナダの生命保険市場 part1-米国生保市場と比較して事業構造を見ると-

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

【要旨】

カナダの生命保険市場は、生命保険料収入額世界第10位の生保市場である(2013年)。保険料収入の商品分野別構成比では、年金分野が一番大きく、次いで医療保険分野が大きく、最後に生命保険分野の順となっている。責任準備金の構成においても、年金分野の構成比が3分の2を占める大きなものとなっており、生保事業の貯蓄化が進展している。こうした構造はカナダと米国に共通であり、個人生命保険や個人年金の商品構造面でもカナダと米国の生保業界において同様の変化が進行している。
医療保険分野においては、公的医療保険のない米国では生保会社が公的医療保険を代替する役割を果たしているのに対し、公的医療保険が充実しているカナダでは、生保会社は公的医療保険による保障が行き届かないところを保障する補足的な役割を果たしている。

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【欧米生保市場定点観測(9)カナダの生命保険市場 part1-米国生保市場と比較して事業構造を見ると-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米生保市場定点観測(9)カナダの生命保険市場 part1-米国生保市場と比較して事業構造を見ると-のレポート Topへ