2014年08月01日

中国経済:14年7月の製造業PMI~51.7%と5ヵ月連続で上昇

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 7月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は51.7%と前月と比べて0.7%ポイント上昇、2月を底に5ヵ月連続で改善、景気回復が続いていることを確認する結果となった。

○ 生産経営活動予想指数は、住宅市場の変調などを背景に6月まで3ヵ月連続で悪化していたが、7月は55.3%と6月より0.5%ポイント改善、若干ながらも上昇に転じ落ち着きを取り戻した。

○ 一方、新規輸出受注指数は欧米の景気回復や元安を背景に改善傾向を維持したが、最近の人民元はじりじりと上昇、この反転上昇がどのような影響を与えるのか、次回の発表が注目される。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:14年7月の製造業PMI~51.7%と5ヵ月連続で上昇】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:14年7月の製造業PMI~51.7%と5ヵ月連続で上昇のレポート Topへ