2014年06月11日

北京のオフィス市場~アジア最大の賃料上昇を経て供給増加局面へ~

金融研究部 主任研究員   増宮 守

文字サイズ

<要旨>

  • 中国の首都である北京は、かつては上海に比べ経済的発展が遅れていたものの、2008年のオリンピック開催などを経て著しい経済成長を遂げた。
  • オリンピック景気を見込んだ高水準の新規供給が続いていたため、世界金融危機を受けた2009年、北京のオフィス需給は大幅に悪化した。その後、大規模な景気対策によって需給は改善し、2010年以降、オフィス賃料の上昇は著しく、低水準の空室率が続いている。
  • オフィスストックは既に大阪市に匹敵する規模となっており、金融街、CBD、中関村、ルフトハンザ、望京など、特徴のあるオフィスエリアが複数形成されている。
  • オフィス新規供給はオリンピック以降抑制されてきたが、望京やCBD中心部などで大規模開発が進んでおり、2015年以降は再び増加に向かう。
  • 今後も必ずしも大幅な需給悪化は懸念されていないが、新規供給の増加は、物件の個別評価や、海外企業の投資機会などに影響を及ぼすものとみられる。また、アジア主要都市中心部での大規模供給は、国際的な都市間競争の観点からも注目される。
77_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

増宮 守 (ますみや まもる)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

(2014年06月11日「不動産投資レポート」)

レポート

アクセスランキング

【北京のオフィス市場~アジア最大の賃料上昇を経て供給増加局面へ~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

北京のオフィス市場~アジア最大の賃料上昇を経て供給増加局面へ~のレポート Topへ