2014年05月07日

金融政策の出口と債券ポートフォリオ

  新美 隆宏

文字サイズ

日銀による量的・質的金融緩和政策の導入から1年が経過した。景気回復の兆しが見えてきたものの、消費税率引き上げの影響などがあり、金融政策の出口を考えるのは時期尚早かもしれない。しかし、債券は金融政策の影響を強く受ける資産であり、市場が落ち着いている今から出口にむけた頭の体操をしても良いのではないだろうか。

新美 隆宏

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【金融政策の出口と債券ポートフォリオ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融政策の出口と債券ポートフォリオのレポート Topへ