2014年03月31日

介護ロボットの「モニター調査(実証試験等)」が本格化-「要」となる厚生労働省・テクノエイド協会の実用化支援事業-

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

※本稿は「基礎研レポート」として2013年12月30日に掲載したものを転載した。

■要旨

厚生労働省による「平成25年度 福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」が本格化しており、「重点分野」に関する開発企業等と介護施設の「モニター調査(実証試験等)」が進展している。新たな領域である「介護ロボット(ロボット介護機器 )」の開発・普及には、経済産業省と厚生労働省の連携に基づく「政策的支援」が必須であり、引き続き、このような「支援事業」の進展が図られることを大いに期待したい。

本稿では経済産業省の事業と並び非常に重要性の高い厚生労働省・(公益財団法人)テクノエイド協会の事業実施の背景と経緯を解説し、その後、その事業内容と現状を概観する。さらに、今後の「介護ロボット 」の開発・普及についても考察を加えたい。

このレポートの関連カテゴリ

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【介護ロボットの「モニター調査(実証試験等)」が本格化-「要」となる厚生労働省・テクノエイド協会の実用化支援事業-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

介護ロボットの「モニター調査(実証試験等)」が本格化-「要」となる厚生労働省・テクノエイド協会の実用化支援事業-のレポート Topへ