2013年12月19日

海外年金基金レポート 第8回=CalPERS等に見る運用人材の報酬水準=

取締役   前田 俊之

年金制度 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

これまでのレポートでは海外年金基金の全体組織と運用組織を取り上げましたが、今回は運用組織で働く専門人材の報酬に焦点を当ててみたいと思います。

「公的・準公的資金の運用・リスク管理等の高度化等に関する有識者会議」(以下、有識者会議)の報告書では「運用対象の多様化やリスク管理の高度化を図るためには第一線の専門人材が必要であり、報酬体系の見直しを含めた対策が不可欠である」と述べています。一般的に海外の運用機関で働く人材は給与が高いと思われていますが、年金基金の場合はどうなのでしょうか。シリーズ最終回となる今回は、米国CalPERSを中心に運用人材の報酬水準について考えてみます。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
37_ext_01_0.jpg

取締役

前田 俊之 (まえだ としゆき)

研究・専門分野

(2013年12月19日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【海外年金基金レポート 第8回=CalPERS等に見る運用人材の報酬水準=】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

海外年金基金レポート 第8回=CalPERS等に見る運用人材の報酬水準=のレポート Topへ