2013年08月01日

【台湾GDP】足もと改善したが、不透明感も強い

研究員   高山 武士

文字サイズ

1.現状:2%台に回復

台湾の行政院主計処(DGBAS)は7月31日、2013年4-6月期の実質域内総生産(GDP)の速報値を公表した。成長率は前年同期比(原系列)で+2.27%となり、前期の2013年1-3月期(同+1.67%)から加速し、同機関が5月時点に予測していた伸び率(同+1.98%)も上回った。前期比(季節調整済)の伸び率は+0.59%だった。

台湾の実質GDP成長率(前年同期比、需要/供給)


2.先行き:良し悪し混在で、不透明感は強い

2013年4-6月期の成長率は2%を回復したが、項目ごとに見ると良し悪しが混在している。1-3月期には、資本財を中心とする輸入が増えてきたため、投資需要の高まりも期待されたが、今期は投資や輸出の回復が顕在化しなかった。輸入は再び鈍化、輸出は横ばい、投資に関しては伸び率がマイナスに転じてしまった。
製造業は、在庫指数の改善が続く一方で、成長を牽引する肝心の出荷指数が伸び悩むなど、先行きの不透明感を払拭しきれずにいる状況である。特に、中国向けの輸出については先行きの不透明感が濃い。中国に以前ほどの牽引力が見られないことに加え、液晶パネル需要の押し上げ材料になっていたと見られる省エネ家電購入補助策が、今年5月で終了したためだ。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【台湾GDP】足もと改善したが、不透明感も強い】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【台湾GDP】足もと改善したが、不透明感も強いのレポート Topへ