2013年06月11日

米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の見通し>

  1. 米経済では、「財政の崖」合意に伴う増税(給与税減税と高所得層の所得減税の失効)、強制歳出削減が重石となる中、FRBの異例の緩和策が自律的な回復を下支えしている。
  2. 雇用や住宅市場が回復の動きを強め、住宅価格の上昇も持続的なものとなっている。以前は個人消費に抑制的に作用していた雇用と住宅が、雇用者増による所得効果や住宅価格上昇に伴う資産効果等で、消費を強める方向へと転じている。
  3. FRBは現在の失業率を高止まりしていると判断、景気加速を狙った異例の金融緩和策を取っており、当面は現行緩和策を維持する見込みである。ただ、今後の雇用の改善次第では、資産購入ペース減速の可能性が出ており、市場は警戒を強めている。
  4. 今後の米経済では持続的な拡大が見込まれ、2014年以降も次第に成長率を高めていくものと思われる。2013年の成長率は1.9%、2014年は2.6%、2015年は3.1%と見込まれる。



40802_ext_15_1.jpg

土肥原 晋

研究・専門分野

(2013年06月11日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大のレポート Topへ