2013年04月25日

【韓国GDP】まだ、力強さは見られない

研究員   高山 武士

文字サイズ

1.現状:力強さの無い回復

韓国銀行(中央銀行)は4月25日、2013年1-3月期の実質国内総生産(GDP)を公表した。前期比(季節調整済)で+0.9%の増加となり、前期の2012年10-12月期(同+0.3%)から大きく加速した。ただし、前年同月比では+1.5%となり前期(同+1.5%)と同水準であった。前期比で見ると改善しており、景気は持ち直しているものの、前年同期比で見るとまだ1%半ばの成長率であり、力強さの無い回復と言えるだろう。


2.今後:格差是正への取り組みが注目される

今期のGDPを見ると、前期比では輸出が改善、投資も持ち直すなど、輸出主導国の回復シナリオを歩んでいることが分かる。ただし、肝心の輸出が本格的に改善しておらず、月次ベースの伸び率(前年同期比)はほぼゼロ付近で推移するなど、伸び悩んでいる。これが韓国の成長回復ペースを遅らせている主因と言える。
このような状況下で政府は19.3兆ウォン規模(約1.7兆円)の経済対策を発表した。この対策は朴政権の掲げる格差是正への取り組みとしては評価されるものだが、自律的な景気回復を主導するには力不足で、期待される効果としては、輸出の伸び悩みを支える程度のものだろう。したがって、韓国経済の本格的な回復は、輸出の改善を待ってからになると考えられる。
今後は、輸出が改善した後、それが内需の改善に結びつくかが重要になってくるだろう。特に、景気回復の過程で大企業と中小企業に格差が生じる可能性がある。この意味では、バランスの良い景気回復を実現できるか、朴政権の手腕が問われている局面と言える。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【韓国GDP】まだ、力強さは見られない】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【韓国GDP】まだ、力強さは見られないのレポート Topへ