2012年12月03日

インド7-9月期GDP:前年同期比+5.3%~高インフレ問題が依然として残り、低成長が続く

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・成長率は再び鈍化
・当面の注目は資本流入とインフレの動向

■introduction

インド中央統計機構(CSO)は11月30日に2012年7-9月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率(供給側)は前年同期比5.3%の増加となり、4-6月期の同+5.5%から減速した。
7-9月期の成長率を供給側から見ると、低成長の主因は第一次産業と第二次産業であることが分かる。第一次産業はモンスーン期の雨不足により、前年同期比+1.2%と4-6月期の同+2.9%から低下し、第二次産業では、シェアの高い製造業が前年同期比+0.8%と低成長にとどまった。製造業の伸び率は4-6月期(同+0.2%)より改善はしたが、伸び率自体の水準は依然として低いと言える。また、伸び率の低下幅では第二次産業のうち電気・ガス・水道業と建設業が大きかった。電気・ガス・水道業の伸び率は前年同期比+3.4%(4-6月期は同+6.3%)、建設業では同+6.7%(4-6月期は同+10.9%)となった。一方、第三次産業の伸び率は4-6月期からほぼ横ばいにとどまった。小売・ホテル・運輸・通信が前年同期比+5.5%と4-6月期(同+4.0%)から改善したものの、金融・保険・不動産・事業サービスが前年同期比+9.4%と4-6月期(同+10.8%)から減速、公共サービスも前年同期比+7.5%と4-6月期(同+7.9%)からやや減速するという結果となった。
実質GDP成長率を支出側から見ると、投資が伸びたものの、個人消費が冴えず、内需全体の伸び率が抑制されたことが分かる(図表2)。7-9月期の投資は、前年同期比+4.1%(4-6月期は同+0.7%)、個人消費は同+3.7%(4-6月期は同+4.0%)であった。純輸出に関しては、輸出が前年同期比+4.3%と4-6月期(同+10.1%)から減速、輸入も同+6.6%と4-6月期(同+7.9%)から減速した。純輸出の寄与は▲1.3%ポイントと4-6月期の▲0.2%からマイナス幅が拡大した。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【インド7-9月期GDP:前年同期比+5.3%~高インフレ問題が依然として残り、低成長が続く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インド7-9月期GDP:前年同期比+5.3%~高インフレ問題が依然として残り、低成長が続くのレポート Topへ