2012年11月26日

年金基金の健全性規制の動向 - 欧州で行われている定量的調査の概要

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

■見出し

1――はじめに
2――年金基金に対する定量的調査の概要
 1│これまでの経緯
 2│技術的仕様書の概要—Holistic Balance Sheet
 3│技術的準備金(最良推計・リスクマージン)
 4│年金基金特有の項目
 5│必要自己資本-ソルベンシー資本要件(SCR)と最低資本要件(MCR)
 6│使用するシナリオ
3――適用する割引利率について
4――おわりに

■introduction

欧州における保険会社の健全性規制に関しては、ソルベンシーII導入の検討が進められているところであるが、一方で年金基金の健全性に関する議論も本格化してきているようである。ひとことで言えば、年金基金にもソルベンシーII相当の制度を導入しようという動きである。逆に保険・年金の全体の考え方の整合性の観点からは、保険会社のソルベンシーIIの以後の議論に跳ね返ってくる議論もあるかもしれない。また、ソルベンシーII同様、こうした議論はいずれ日本の年金の健全性規制にも影響を与えるものであり、常時、検討状況を把握しておくことが重要と思われる。当レポートではその内容につき紹介し、今後の議論を追跡するための出発点としたい。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【年金基金の健全性規制の動向 - 欧州で行われている定量的調査の概要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金基金の健全性規制の動向 - 欧州で行われている定量的調査の概要のレポート Topへ