2012年05月01日

最適化から見た資産配分の重要性

  遅澤 秀一

文字サイズ

資産配分が重要なことは広く認識されているが、その重要性を最適化の観点から再考してみる。ポイントは、まず資産クラスで最適化し、つぎに個別証券で最適化するという二段階最適化をなぜ行うかである。結論は「資産配分が重要だというのは話が逆で、資産配分が重要になるように資産クラスを括らなければならない」ということだ。またこのことは、現行資産クラスがその要件を満たしているかどうかを常に検討しなければならないことを意味している。

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【最適化から見た資産配分の重要性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最適化から見た資産配分の重要性のレポート Topへ