2012年02月01日

確定拠出年金(DC)加入者はどのような情報を見ているか?

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

確定拠出年金の加入者がファンド選択に参考にする資料のうち、どのような項目を重視しているか実験を行った。その結果、株式投資経験者は、ファンドの特色や資産構成といった質的情報を重視する傾向があったのに対して、株式投資未経験者は、過去の実績や将来の予測に関する数値情報を重視する傾向があった。

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【確定拠出年金(DC)加入者はどのような情報を見ているか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

確定拠出年金(DC)加入者はどのような情報を見ているか?のレポート Topへ