2011年10月24日

韓国における勤労奨励税制(EITC)の現況

生活研究部 准主任研究員   金 明中

文字サイズ

勤労奨励税制とは、ひとことで言うと「低所得者が働くことを支援するための補助金」のことであり、韓国では2008年から実施されている。韓国政府は、勤労奨励税制の実施により、勤労貧困層の勤労インセンティブの向上や雇用者の労働時間の増加を目指したが、まだその効果は明確に現れていない。アメリカや韓国などで先立って実施され、一定の成果を挙げている勤労奨励税制が今後、日本でどのように注目され、議論・検討されていくかを注目したいところである。

このレポートの関連カテゴリ

32_ext_01_0.jpg

生活研究部   准主任研究員

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

レポート

アクセスランキング

【韓国における勤労奨励税制(EITC)の現況】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

韓国における勤労奨励税制(EITC)の現況のレポート Topへ