2011年03月08日

東京都内の診療所立地と将来見通し -都心部での立地状況と高齢化に伴う需要拡大可能性

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

■見出し

1. はじめに
2. 一般診療所・歯科診療所の入居・立地状況
3. 東京都心部における一般診療所・歯科診療所の将来需要
4. 今後の診療所需要の増大の可能性

■introduction

診療所は、事業所数の増加が顕著な、現在の日本の成長産業のひとつといえる。東京都心部でも、多くのオフィスビルに診療所の入居がみられ、ビルテナントとしての存在感が徐々に高まっている。しかし、ビル需要という視点からの分析は、これまでほとんどなされてこなかったと思われる。
本稿では、東京都心部に立地する診療所のうち、どの程度がビル内に入居しているかといった現在の立地状況を調査するとともに、近年の診療所数の増加を把握する。その上で今後の、東京都内に立地する診療所の外来患者数と診療所数の市区別の将来見通しを試算し、これからの都内診療所の不動産需要の拡大可能性を検討する。

このレポートの関連カテゴリ

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【東京都内の診療所立地と将来見通し -都心部での立地状況と高齢化に伴う需要拡大可能性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京都内の診療所立地と将来見通し -都心部での立地状況と高齢化に伴う需要拡大可能性のレポート Topへ