2010年11月24日

中期経済見通し

経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー   櫨(はじ) 浩一

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

主要国経済は、今後数年間は調整を余儀なくされ、この間に新興国経済は急速に力を付け、世界経済の構造は、これまでの欧米経済を中心から、中国、インドなど新興国経済へと比重が移っていくだろう。
日本は、世界経済の中で単独の経済圏として生き残りの道を探るのか、通貨や市場を統合して大きな経済圏を作る道を選ぶか、選択を迫られることになると見られる。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事 エグゼクティブ・フェロー

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【中期経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中期経済見通しのレポート Topへ