2010年07月26日

CRE(企業不動産)戦略の進化に向けたアウトソーシングの戦略的活用

社会研究部 上席研究員   百嶋 徹

文字サイズ

企業が合理的なCRE(企業不動産)戦略を実践し進化させていくためには、不動産サービスベンダーの活用が欠かせない。
CRE戦略には高度な横断的知識が求められるため、外部ベンダーのノウハウを積極的に取り入れるオープンな姿勢が必要だ。外部ベンダーを効果的に活用するためには、社内の事業部門と外部ベンダーをつなぐコーディネート能力や、外部ベンダーをコントロールするマネジメント能力を磨いていかなくてはならない。外部ベンダーに任せきりにするのではなく、外部ベンダーは切磋琢磨する戦略的パートナーと捉えることが重要だ。

このレポートの関連カテゴリ

61_ext_01_0.jpg

社会研究部   上席研究員

百嶋 徹 (ひゃくしま とおる)

研究・専門分野
企業経営、産業競争力、産業政策、産業立地、地域クラスター、イノベーション、企業不動産(CRE)、環境経営・CSR

レポート

アクセスランキング

【CRE(企業不動産)戦略の進化に向けたアウトソーシングの戦略的活用】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

CRE(企業不動産)戦略の進化に向けたアウトソーシングの戦略的活用のレポート Topへ