2010年07月01日

宿泊関連統計の整備が進むホテル市場

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

ホテル市場は、需給実態の把握や動向分析が困難な不動産セクターの代表であった。しかし、近年、宿泊関連統計の整備が進み、その状況は大きく改善しつつある。統計の整備は事業者や投資家にとって極めて有用であり、今後も一層の充実を期待したい。

このレポートの関連カテゴリ

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【宿泊関連統計の整備が進むホテル市場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

宿泊関連統計の整備が進むホテル市場のレポート Topへ