2010年01月25日

医療は“都道府県”に 介護は“市町村”に

  阿部 崇

文字サイズ

国民の3人に1人が65歳以上となる超高齢社会が目前にある。しかし、職域を基礎に設計された現行の医療保険制度は、高齢社会に対応した今日的な制度とは必ずしも言えない。
現物(サービス)給付を中心とする医療制度、介護制度は地域住民を中心に置いた「地域保険」として今日的な制度に生まれ変わる時期を迎えている。

阿部 崇

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【医療は“都道府県”に 介護は“市町村”に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

医療は“都道府県”に 介護は“市町村”にのレポート Topへ