2009年10月23日

高齢者雇用を考える

  米澤 慶一

文字サイズ

ほぼ全ての団塊世代が65歳に達する2015年を軸に、近年日本における急速な少子高齢化は、年金財源の逼迫、社会全体の生産活動や税収の低下を同時にもたらす危機的な要因として捉えられている。
こうした中、これまで15歳以上65歳未満が「生産年齢人口」と考えられていた常識を見直し、70~75歳現役を真剣に考慮する時期に我々の社会は差し掛かっている。

このレポートの関連カテゴリ

米澤 慶一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【高齢者雇用を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者雇用を考えるのレポート Topへ