2009年10月01日

企業での「ねんきん定期便」活用法(3)- 改正を織り込む

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

「ねんきん定期便」で確認できる年金額は、あくまで当年度の仕組みの下で計算された金額であり、マクロ経済スライドなどによる将来の給付削減が織り込まれていない。削減の程度は、今後の経済や人口の状況によって変わるが、少なくとも、政府見通しの基本ケースに沿った場合に年金額がどうなるかは、理解しておくべきだろう。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【企業での「ねんきん定期便」活用法(3)- 改正を織り込む】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業での「ねんきん定期便」活用法(3)- 改正を織り込むのレポート Topへ