2009年08月26日

2008年度生保決算の概要

  荻原 邦男

文字サイズ

2008年度は、米国のサブプライム・ローン問題に端を発した金融危機が予想を超えたスピードと広がりで進行し、その影響を大きく受けた年であった。
保有資産の減価に対応するため、内部留保の取り崩しにより当面の利益を捻出したが、ここ数年、内部留保を充実させてきたこともあり、現時点で支払能力が疑われる状況にはない。定点観測として、2008年度の生保決算を俯瞰することとしたい。

荻原 邦男

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【2008年度生保決算の概要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2008年度生保決算の概要のレポート Topへ