2009年07月24日

米国の株価指数連動型年金の動向

  小松原 章

文字サイズ

米国では定額年金と変額年金の中間的な性格を有する株価指数連動型年金が近年成長を遂げている。
この中でSECはこの年金に対して変額年金同様に証券規制を導入する新たな規則を2008年12月に採択した。
この動きに対しては大手生保を中心に変額年金との公平性の観点から賛成するグループと指数年金主力の欧州系生保等の反対グループに対応が分かれている。反対派の一部は規則撤回を求め2009年に提訴するに至り、現在審理中となっている。

このレポートの関連カテゴリ

小松原 章

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国の株価指数連動型年金の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国の株価指数連動型年金の動向のレポート Topへ