2009年07月24日

創造産業の潮流(2)

社会研究部 研究理事   吉本 光宏

文字サイズ

創造産業が注目されるようになって久しい。
本稿では2003年11月号でも分析を行った日本の創造産業について、その後2度改定が行われた日本標準産業分類に基づいて再定義を行い、国及び主要都市の創造産業の動向把握を行った。
その結果、創造産業の立地・集積状況によって、各都市の特性が浮かび上がることとなり、今後の創造都市政策にとっても基礎的な分析データとして活用できるものと考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

59_ext_01_0.jpg

社会研究部   研究理事

吉本 光宏 (よしもと みつひろ)

研究・専門分野
芸術文化政策、文化施設開発、文化施設運営・評価、創造都市、オリンピックと文化

レポート

アクセスランキング

【創造産業の潮流(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

創造産業の潮流(2)のレポート Topへ