2009年06月01日

社会的責任投資(3)-機関投資家に拡がる「気候変動リスク」の認識

  川村 雅彦

文字サイズ

地球温暖化の進展で、欧米を中心に機関投資家の企業に対する気候変動リスクへの関心が高くなっている。気候変動リスクは、物理リスクと規制強化による法的リスクと財務リスクに分けられる。特に、企業業績や企業価値に直結する財務的影響が注目されている。ただし、リスクだけでなく同時にチャンスであることも指摘されている。

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【社会的責任投資(3)-機関投資家に拡がる「気候変動リスク」の認識】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

社会的責任投資(3)-機関投資家に拡がる「気候変動リスク」の認識のレポート Topへ