2009年04月01日

政治経済学的なアプローチからみた年金財政の問題

  川崎 一泰

文字サイズ

年金財政の安定化のために、現在、最も政治的リスクが小さいのは財産収入(運用益)を引き上げることである。もちろん、積立金の適切な運用も重要だと考えるが、安定化のしわ寄せが財産収入に集中し、本質的な議論を避けることは非常に危険である。問題の本質である「負担と給付のあり方」(年金債務問題)を真正面から議論することを期待する。

川崎 一泰

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【政治経済学的なアプローチからみた年金財政の問題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

政治経済学的なアプローチからみた年金財政の問題のレポート Topへ