2009年02月18日

2009・2010年度経済見通し~戦後最悪の景気後退に

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<実質成長率:2008年度▲2.9%、2009年度▲3.9%、2010年度0.8%を予想>
  1. 2008年10-12月期の実質GDPは、海外経済の急速な悪化を背景とした輸出の大幅な落ち込みを主因に、前期比▲3.3%(前期比年率▲12.7%)の大幅マイナス成長となった。
  2. 年明け以降も輸出、生産の急減には歯止めがかかっておらず、2009年1-3月期も前期比年率10%近いマイナス成長となることが見込まれる。この結果、2008年度の実質GDPは▲2.9%と過去最大のマイナス成長となろう。
  3. 米国経済は景気対策の効果などから2009年末までには持ち直すことが見込まれるが、家計のバランスシート調整には時間を要するため、リセッション終了後も個人消費の低迷が長引く可能性が高い。日本の景気は2010年初め頃に底打ちすると予想するが、米国をはじめとした海外経済の低成長が長期化する可能性が高いため、前回の回復局面のような輸出の高い伸びは当面期待できないだろう。
  4. 2009年度の実質GDPは▲3.9%と、2008年度を超えるマイナス成長となった後、2010年度も0.8%と景気回復期としては低い伸びにとどまると予想する。
  5. 景気の急速な悪化を受けて、失業率の上昇ペースは今後急加速する可能性が高く、2009年中には過去最悪の5.5%を突破し、2010年には6%台に達するだろう。
38071_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2009・2010年度経済見通し~戦後最悪の景気後退に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2009・2010年度経済見通し~戦後最悪の景気後退にのレポート Topへ