2008年12月01日

米国激震でもドル高の不思議

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

米国発の金融危機が深刻化し、FRB の大幅利下げなどドル安材料が山積している中で、市場では春先からドル高が進行している。これは金融危機が深刻化するなか、世界中が基軸通貨であるドルの流動性確保に動いており、ドル逼迫からドル高が生じているのである。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【米国激震でもドル高の不思議】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国激震でもドル高の不思議のレポート Topへ