2008年11月26日

中期経済見通し

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

サブプライム問題による世界経済の混乱から、日本経済の平均経済成長率は、今後5年間は実質1.0%と潜在成長率を大きく下回るだろう。
米国経済は、家計のバランスシート調整から金融危機解消後も消費の抑制が続き、新興国経済も減速を余儀なくされるだろう。
その後の5年間も、世界経済は持ち直すものの、日本経済は消費税率引き上げの影響で低成長となる年があるため、平均1.5%程度と潜在成長力を下回るものと予想される。

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【中期経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中期経済見通しのレポート Topへ