2008年08月01日

住宅系J-REITの低評価と賃料収入の安定性について

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

現在、住宅系J-REIT銘柄への評価は極めて低い。しかし、賃貸マンションの賃料は、オフィスに比べると変動が小さく、景気低迷期にも安定した賃料が得られる可能性が高い。特にJ-REITの保有マンションは、民間賃貸マンションの平均と比べて、築年が浅く管理やリーシングの面で優位性があることから、空室率も低く推移するのではないかと思われる。このため、今後、人口減少により需要が減少しても、相対的に安定した賃料を確保できるのではないだろうか。

このレポートの関連カテゴリ

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【住宅系J-REITの低評価と賃料収入の安定性について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

住宅系J-REITの低評価と賃料収入の安定性についてのレポート Topへ