2008年03月26日

英国の有配当終身年金(with-profits annuity)について -長生きリスクに対する保険会社のヘッジの一手法-

文字サイズ

1.
昨今、長生きリスクは消費者にとっても生保会社にとっても課題となっている。終身年金はその解決策のひとつであるが、消費者にとっても生保会社にとっても様々な課題が指摘されている。
2.
特に生保会社にとって、長生きリスク(死亡率が想定より改善するリスク)のヘッジ手段としては、長寿債券への投資、長生きリスクの証券化、長寿スワップ、再保険等があげられるが、こうした資本市場を通じた解決は今のところ限定的なようである。
3.
英国では、こうした長生きリスクについて商品性そのもので対応することを考え、有配当終身年金を販売してきた。有配当終身年金は、通常配当等で利差と同時に死差・費差も調整し、長生きリスクを顧客に一部負担してもらうという仕組みをもった商品である。
4.
終身年金の場合は、長生きリスクに加え、逆選択リスクも存在する(終身年金は健康に自信のある人が加入しやすい)と分析されているが、有配当終身年金では、こうした逆選択リスクも一部緩和することができる。
5.
また、英国の有配当終身年金は、想定配当率を顧客が自由に選択できることで、年金年額について顧客に裁量の余地を与えており(若いうちに多くの年金額を受け取ることも可能)、そうした点も参考になろう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【英国の有配当終身年金(with-profits annuity)について -長生きリスクに対する保険会社のヘッジの一手法-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

英国の有配当終身年金(with-profits annuity)について -長生きリスクに対する保険会社のヘッジの一手法-のレポート Topへ