2008年02月29日

地域経済動向~全国的に悪化する消費者マインド

  篠原 哲

文字サイズ

  1. 2月の「地域経済動向」(内閣府)は、東北、北関東、北陸の3地域の景況判断を前回調査(2007年11月時点)よりも下方修正した。判断を上方修正した地域はなく、足元の地域景気は減速感が強まっている。
  2. 内閣府の消費者態度指数(季節調整値)は、2006年12月以降、4期連続で低下している。2007年後半にかけて、全国的に、企業の景況感と、家計の消費者マインドの悪化傾向が鮮明になってきている。
  3. 賃金の伸び悩み、制度改正による負担増が、家計の可処分所得を押し下げていることに加え、最近の急激な物価上昇も、消費者マインド悪化の原因のひとつとなっていると考えられる。
  4. 消費者マインドが全国的に悪化していることから、消費が低迷する可能性も高まっていると考えられる。米国経済の急減速による輸出の鈍化により、企業部門の低迷が予想されるなかで、消費も落ち込むようであれば、日本経済の景気後退局面入りが、ますます現実味を帯びてくることになろう。
37617_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

篠原 哲

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【地域経済動向~全国的に悪化する消費者マインド】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

地域経済動向~全国的に悪化する消費者マインドのレポート Topへ