2008年02月25日

サブプライム問題の影響大きい米住宅投資

  土肥原 晋

文字サイズ

現下の米経済は、住宅投資の冷え込み等により、急速にリセッション警戒が高まっている。今回の住宅ブームは、2001年リセッション後の景気回復の遅れに対応した大幅な金融緩和を背景とするが、その後の利上げ政策で住宅投資の減速が続き、2006年には、既に、景気へのリスク要因として懸念されていた。
その後、2007年に入るとサブプライム問題が住宅市場の悪化を加速させ、また、世界的な金融市場の混乱を引き起こして景気にも深刻なダメージを与えたのである。本稿では、こうした状況を中心に最近の米国住宅投資の動向を検証した。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【サブプライム問題の影響大きい米住宅投資】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

サブプライム問題の影響大きい米住宅投資のレポート Topへ