2007年08月06日

オフィス市場と超高層ビル供給の動向

  松村 徹

文字サイズ

■見出し

1. オフィス市場と超高層ビル供給の動向
2. 今後の展望

■introduction

バブル崩壊以来の不動産ブームに沸く2007年、東京都心部に東京ミッドタウン(地上54階)と新丸ビル(38階)、名古屋駅前にミッドランドスクエア(47階)と名古屋ルーセントタワー(42階)などの超高層ビルが相次いで開業して話題を呼んでいる。東京駅前ではさらに、グラントウキョウ/ノースタワー(43階)とサウスタワー(42階)もこの秋に開業予定である。
賃貸オフィス市場は、空室率が低下して賃料が上昇する局面に入っており、ビル事業者にとっては非常に好ましい状況にあるといえる(図表-1)。
このような市況を背景に、東京の千代田区では、JFEビル(18階)、みずほ銀行大手町本部ビル(16階)・大手町ファイナンシャルセンター(24階)、新日鐵ビル(20階)、日立本社ビル(20階)など既存高層ビルの建替え計画1がいくつも動き出している。

このレポートの関連カテゴリ

松村 徹

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【オフィス市場と超高層ビル供給の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オフィス市場と超高層ビル供給の動向のレポート Topへ