2007年08月01日

社債投資におけるM&Aリスク

  津田 博史

文字サイズ

M&A がわが国においても活発化する中、社債投資における「M&A リスク」が顕在化している。すなわち、(1)社債発行企業の信用リスク増大による社債価格の下落、(2)社債投資家の融資金融機関に対する資金返済順位の劣後、(3)社債投資家の立場が株主より劣後、などの危険性があるからである。

このレポートの関連カテゴリ

津田 博史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【社債投資におけるM&Aリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

社債投資におけるM&Aリスクのレポート Topへ