2007年04月03日

投資の判断と錯覚(1)

  石井 吉文

文字サイズ

現実の投資家の行動を見ると「人間は合理的な判断を行う」と仮定する投資の理論に反して、様々な認知バイアス(非合理的な投資判断)に出会うことがあります。今月から3回連載で、それについて、身近な例を交えながらお話ししていきます。

このレポートの関連カテゴリ

石井 吉文

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【投資の判断と錯覚(1)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

投資の判断と錯覚(1)のレポート Topへ